弓道 離れ コツ ゆるみ、引っかかる解決は?

弓道 離れ コツをつかむためにどうしたら
よいのでしょうか。

離れのコツをつかむためには、残身をイメージ
したらいいと言われています。

うまく手の内ができ、射ができれば、弓返りも
自然になります。

まずは、教士七段の増渕敦人先生の解説動画を
みていきましょう。


弓道上達革命 ~初心者と指導者向け~【天皇杯覇者 教士七段 増渕敦人監修】DVD2枚組

弓道 離れ コツ

弓道の離れのコツは、無理に矢を離すのではなく、
矢が離れるときも取りかけの形をくずさないようにする。

弦が目ての拳から抜けていく感じにします。

離れても握りの形になっている。

弦を離しただけで腕、肘、拳が残身の位置に
いきます。

初めのうちは、大の字にしたらいいと習いますが、
いつまでもそうしていてはいけません。

慣れてきたら自然に残身までいくのがいいです。

弦枕を弦が転がっていく感じです。

そうすると、弦枕に筋がついてきます。

自分からバーンと離さないようにしましょう。

そのとき弦音がしますが、澄んだ弦音がします。

自然に弓返りになります。

手の内は一点で押すようにします。

弓が回転軸になる感じです。

弦音がいい音がしますよ。

弓道 離れ ゆるみの原因

離れでゆるむのは、拳が下にさがってしまう
ことが大きな原因です。

取りかけの拳の高さは、だいたい口割の高さに
します。

人によって鼻割、口割とありますが、常に位置は
変わらず一定です。

肘の位置も自分の肩の高さにして、肘を肩よりも
後方へ引き付けます。

肘が下に下げ落ちてしまうと離れがゆるんだ状態に
なってしまいます。

取りかけの作り方も大事です。

手を丸く作ります。

人差し指と中指はそろえておいたほうがいいです。

離れで、引っかかる、ぶれるという人、離れが出ない
という人は、しっかりと伸合い、詰合いで、会の形で
引分けて、残身を意識して、離れていくようにしましょう。

教士七段 増渕敦人先生の弓道上達法

先ほどの動画でも指導されていた教士七段の増渕敦人先生。

指導がとてもわかりやすいと評判です。

その先生が監修した初心者から昇段を目指している方まで、
しっかりと基本が身に着く、弓道上達プログラムがあります。

自宅でDVDで実際の指導を何回も再生して見直す
ことができます。

また、個別に増渕先生からのポイントアドバイスも
受けられますから、ちょっと伸び悩んでいる方にも
ピッタリです。

自宅練習や個別練習で、利用してみるのも弓道の上達に
役立ちますよ。


       

スポンサードリンク

  
    

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。