弓道 手の内 親指曲がる?親指の付け根はどう?

弓道 手の内 親指について確認していきたいと
思います。

弓道の手の内の理想は、弓を押したときに、
親指の頭と人差し指の付け根が同じ高さになる
ようにします。

手の内で親指が曲がるのは、よくありません。

では、手の内で親指が曲がる原因はどうでしょうか。

その原因と対策についてみていきましょう。

弓道 手の内 親指

手の内で親指が曲がること、付け根についてみて
みましょう。

弓の反発力に手の内が負けてしまい、親指が曲がって
しまいます。

結果、矢と親指の接点が上がってしまう事もあります。

よく、角見を利かせるといいますが、この親指付け根
の部分で、弓に体の力をうまく伝えられるかが重要です。

手を固く握りすぎないようにし、柔らかく包み込む
ように弓を握るようにしましょう。

弓力に比べて左手の握力が弱いときにも親指が曲がり
やすいです。

親指が曲がるのを直すなら、意識を虎口から小指に
移すようにしましょう。

どうしても親指の付け根付近に力がかかると親指が
曲がってしまいます。

親指の付け根一点で力を受けずに、掌根で受ける
ようにしましょう。

虎口の皮を巻き込んでいったり、親指と小指を近づけ
るようにするとか、練習して身に着けていきましょう。

手の内の作りが、本当に大事ですね。

射法八節を基礎から学ぶ

射法八節をしっかりと学べる方法があります。

美しい姿勢でしっかりと射ができるようになります。

天皇杯二回制覇した土佐正明教士八段の射はとても
綺麗で参考になりますよ。

動画がありますので紹介します。

弓道射法八節習得プログラム紹介動画を見てみる


コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。