弓道 手の内 小指の付け根の使い方とまめとの関係

弓道 手の内 小指の使い方について確認して
いきたいと思います。

弓道での手の内の小指はどのようにしていく
のがいいのでしょうか。

手の内が緩む、矢の飛びや方角が定まらない、
まめができるといった感じでしたら、手の内を
見直してみる必要があります。

今回は、手の内の小指の使い方、位置などを
みていきましょう。

弓道 手の内 小指の使い方

弓道の手の内での小指の使い方をみていきましょう。

手のひらを曲げたときに小指の近くにできる大きく
はっきりとした筋を「天文筋」というのですが、
弓の握りでは、矢が来る側に当たる筋になります。

この天文筋がずれると手の内が崩れてきます。

握りから天文筋がずれていると矢が定まらなくなります。

手の内では小指は第一関節が握りにかかっているだけです。

小指の上手な使い方は、天文筋をきちんと弓の握りに
当て続けるということになります。

小指が人よりも短い場合

小指が人よりも短い場合は、爪ぞろえをしようとすると
手の内が緩んでしまうことがあります。

手の内で重視なのは、小指・人差し指・親指の根元です。

取掛けで手のひらの親指の付け根部分の角見と呼ばれる
筋肉を弓にあて、中指・薬指・小指を揃えて添えます。

この時、中指の先は親指の付け根にきっちりと合わせ
中指と薬指の2本の指を親指と小指ではさむように締め
弓の角に指先をひっかけるようなイメージで握ります。

しっかりと弓を支えるようにすることが重量です。
 

小指の付け根にまめができる場合

手の内で小指の付け根にマメができる人が多いようです。

これは離れで弓の握りが甘く、弓に叩かれてしまっていたり、
弓に巻き込んで皮膚を引っ張ってしまったときになります。

適切な小指の配置は、弓の外竹と呼ばれる握りで親指が当たる
反対側で、この外竹の右角にかかっているのが本来の配置です。

天文筋が、外竹の左角に当たっていればいいです。

離れの後の残身で、手の内が崩れていないかみてみましょう。

無理な弓返りをしようとしたり、弱い下押しをカバーするように
弓の下側が上に向いたりしてはいませんか。

小指が完全に本来の位置から外れて中指・薬指で握りを持っていませんか。

しっかりと弓道の手の内の小指の使い方を見直していきましょう。

土佐正明教士八段の射法八節の動画

土佐正明教士八段が指導している教材があるのですが、
その紹介ページで土佐正明教士八段の射の動画があります。

とても参考になりますので、一度見てみてください。

>>土佐正明教士八段の射の動画を見てみる


       

スポンサードリンク

  
    

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。