弓道 弓返りのコツ 弓返りしない練習法

弓道 弓返りのコツ 弓返りしない原因をみて
いきましょう。

弓道で弓返りができるようになるとかっこいい
ですね。

しっかりと射ができているという感じがします。

でも、弓返りができる人とできない人の差は
どこにあるのでしょうか。

初心者は、とにかくしっかりと握ることと
いわれます。

けがをしやすいですからね。

上達してくると自然にできるようになってくると
言われますね。

今回は、弓道での弓返りのコツと弓返りしない原因
についてみていきましょう。


弓道上達革命 ~初心者と指導者向け~【天皇杯覇者 教士七段 増渕敦人監修】DVD2枚組

弓道 弓返りのコツ

弓返りのコツについてみていくには、弓返りの
メカニズムを把握しておくと、コツをつかんでいく
ためにも役に立ちます。

弓返りは、残心(身)で、弓の握りが親指一本程度
落ちている状態をいいます。

左手の親指を的方向へ押しだすことで弓返りが
できやくなります。

引分けで、弓手がしっかりと的方向へ押していって、
会に入りますが、会でもしっかりと的方向へ押し続け、
離れでも最後まで押し合っている状態を保つことが
必要です。

そして、角見を働かすことができれば、弓返りになり
やすい状態になります。

親指の付け根の部分を角見といいますが、しっかりと
手の内ができていれば、力が右回りにかかって
きますので、角見の働きで角見で
弓を押すことにより、弓のやや右側に力がかかります。

そして弓が自然と回転しようとする力が働きます。

離れの時に射がゆるまないように気を付けます。

引分け、会と順調に伸び合っていきますが、ここで、
さらに詰め合っていき、離れの瞬間に射がゆるまない
ようにします。

弓返りのコツをつかむ練習法

握り付のゴム弓を使って、「引分け⇒会⇒離れ」までの
押し切る感覚を身につけます。

角見の働きを感じられるように握りを時計回りに
ねじ込む力を磨きます。

親指を人差し指との間、虎口だけで押さないように
注意しましょう。

そして、離れでも伸び合っている状態を身につけます。

残身の時に自然と射を放った余韻で、静かに体が
動いていきます。

そうした感覚をつけていきます。

弓返しを意図的にやろうとすると、残身で左手首が
的後方を向いてしまいます。

離れの後、握りが親指1本分以上ずり落ちてしまっては
いけません。

これでは手の内がゆるんでしまっています。

最後まで、引分け、会、離れと伸合い、詰合いして
残身までいきましょう。

弓や弦がもともと矢を右側から射るように作られて
いますから、自然と弦がひねり、力がそのように
かかるようになっています。

しっかりと手の内が作られ、引分けからの力が
かかっていけば、弓返りができるようになっていますよ。

弓返りしないポイントは、

弓手の握りすぎ、離れでのゆるみ、角見が働いていない、
などになります。

ポイントをついて練習していきましょう。

教士七段 増渕敦人先生の動画

さきほどの、教士七段 増渕敦人先生の動画をみると
よくわかりますね。

こまかくポイントをついて教えてくださっていますので、
練習に活かせますね。

教士七段 増渕敦人の弓道上達法

この増渕敦人先生が監修している「弓道上達革命」という
弓道上達法のプログラムがあります。

動画で弓道上達のポイントを教えてくれてとても
わかりやすいです。

また、個人指導もメールで相談できますので、
上達のコツをピンポイントでつかみやすいです。

昇段を目指している方は、参考にしてみてください。


       

スポンサードリンク

  
    

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。