弓道の手の内を図解と画像で確認!

弓道の手の内を図解と画像で確認して
いきましょう。

弓道の手の内って、うまくできるようになるまで、
少し時間がかかりますね。

コツをつかむまでが難しく感じます。

手の内が緩んでしまったり、マメができて痛くなったり、
握りすぎてしまったり、弓返りにならなかったり、
いろいろな症状がでてきます。

初心者からできるようになるコツをみていきましょう。

いろいろな方が教えてくださっていますので、
素直にまねしてやってみましょう。

きっと自分で納得のいく手の内がみつかると
思いますよ。

弓道 手の内 図解

まずは、弓道の手の内の図解を参考にみてみましょう。

弓道手の内図解

手の内の形、矢と弓の関係、弓手の押し方、方向など
図解をっじーっと見てみると、力関係はなんとなく
見えてくる感じはします。

でもよくわかりにくいという方も見えると思います。

次に、手の内の動画のスローがありましたので、
こちらでも実際の動きを確認してみましょう。

では、どのように手の内を作っていけばよい
のでしょうか。

手の内の作り方は、教士七段の増渕敦人先生の指導動画が
ありましたので、そこでの手の内の解説を見てみましょう。


弓道上達革命 ~初心者と指導者向け~【天皇杯覇者 教士七段 増渕敦人監修】DVD2枚組

とてもわかりやすいですね。

天文筋のあたりを都竹に合わせる。

そして小指の付け根と親指の付け根を接近させる。

掌根を締めていきます。

親指と人差し指の付け根の部分(角見)を弓につけます。

そうしますと親指の爪が上に向きます。

親指と中指は絶対に離れないようにします。

中指と薬指、小指をそろえて(爪揃え)、親指と輪っかを作る
ようにします。

弓が手の内で回るようにして握ります。

決して強く握りすぎないようにしましょう。

教士七段 増渕敦人先生の弓道上達法

このように弓道の指導に定評のある増渕敦人先生ですが、
自身が監修した弓道上達法が有名です。

DVDでいつでもどこでも動画で学習ができて、繰り返し
練習ができます。

わからないところも個別に質問出来ちゃったりもしますので、
弱点を克服するのも早くなります。

効果的な練習ができるので、上達が早くなりますよ。

具体的な中身は公式ページで紹介していますので、
一度見てみてください。


       

スポンサードリンク

  
    

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください