射法八節 簡単に説明

射法八節 簡単に説明してみましょう。

射法八節とは「足踏み、胴づくり、弓構え、打ち
起こし、引き分け、会、離れ、残心(身)」から
成る射の運行です。

八節に分かれて、表現していますが、すべてが連関
して、射が成り立っています。

一つずつみていきましょう。


弓道上達革命 ~初心者と指導者向け~【天皇杯覇者 教士七段 増渕敦人監修】DVD2枚組

射法八節 簡単に説明

「足踏み」

「足踏み」は、自分の矢束程度の幅にし、的を
見定めたまま足を踏み開きます。

角度は60度、的と爪先が一直線上にあるのがコツ
です。

「胴づくり」

「胴づくり」は、足踏みを基礎として、背筋を
上方に伸ばし、重心が前後左右にずれないように
上半身を整える動作です。

脊柱及び項はまっすぐに伸ばし、重心は腰の中央に、
丹田に力を入れるのがコツです。

「弓構え」

「弓構え」は、足踏みと胴づくりによって、身体の
軸ができ、弓構えで取り懸けをし、手の内を整え、
物見で狙いを定めます。

取懸け、手の内、物見がポイントです。

「打ち起こし」

「打ち起こし」は、弓と矢の頭のやや上の高さまで
矢を水平に保ちながら持ち上げます。

角度は45度程度で、両肩を下に沈め、ほぼ水平で
体と平行にするのがコツです。

「引き分け」

「引き分け」は、矢の三分の一ほど引き(大三)、
左右のバランスを崩さないように左右対称に弓を
引きます。

左右均等にほぼ水平にして、口割りより下げず、
弦を胸部につけ、縦横十文字をつくるのがコツです。

「会」

「会」は狙いが定まり、弓矢が伸び合った状態です。

詰合いと伸合いをしっかりおこなうのがコツです。

「離れ」

「離れ」は、矢を放った瞬間に身体の左右にバランス
を崩さないようにして、身体の中筋から左右に開く
ように伸ばします。

体の中筋から左右に開くように伸長し、自然に離れる
のがコツです。

「残心(身)」

「残心(身)」は、射を終えても気を緩めず、左右
対称に体を開いた姿勢を保ちます。

離れの姿勢を崩さず、その気合いを維持するのがコツ
です。

射法八節は、弓道の基本です。

まずは、基本をしっかりとマスターしましょう。

初心者からできる弓道射法八節習得プログラム

弓道初心者からしっかりと射法八節を体得できる
弓道射法八節習得プログラムがあります。

射法八節のコツを習得し、試合で勝利を手にする方法が
身につきます。

天皇杯覇者 増渕敦人 教士七段が、わかりやすく、
DVDで教授してくれます。

簡単な紹介動画がありますので、見てみてください。

増渕先生の射をみれば、一目瞭然です。

>>教士七段 増渕敦人先生の射の動画を見てみる


       

スポンサードリンク

  
    

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください