バドミントン 上達法 短期間で上達するには

バドミントン 上達法について紹介しています。

バドミントンが短期間で上達するにはどうしたら
よいのでしょうか。

最初は、グリップの握り方を習い、素振り練習を
繰り返し、しばらくすれば空振りしていたのが
シャトルを打てるようになり楽しくなります。

今度はコート内を前後左右に動くフットワークを
学んだりといろいろと段階を追って学んできている
と思います。


バドミントン上達革命~トップ選手になりたい中・高校生へ~ 【埼玉栄男子バドミントン部コーチ 山田秀樹 監修】DVD2枚組

バドミントン 上達するには

しかし、次のような悩みもどんどんと出てきます。

「ラリーが続かない」

「力強いカウンタースマッシュが打てない」

「ネット前からの攻めが思うようにできない」

「試合で主導権が握れない」

「ダブルスで勝てる戦術がわからない」

と、やればやるほどぶつかる壁がでてきます。

そんななか、部活動での指導や市販書ではよくわからず
なかなか上達できないということもでてきます。

そんなレベルを中級から上級へとあげていきたい方に
ピッタリのバドミントン上達法があります。

今回は、埼玉栄高校の山田秀樹先生の上達法を紹介します。

山田秀樹先生のバドミントン上達法

「実は、バドミントンでトップレベルの選手に成長する
ことは誰にでも可能なことです。」

とおっしゃっています。

平均的な高校では教えられていないのですが、実践すれば
誰でもできるようになる秘密があるそうです。

『 シングルスでの攻め方 』
『 シングルスでの守り方 』
『 各種打ち方ごとのラリーの作り方 』
『 ペアとのオフェンス戦術 』
『 ペアとのディフェンス戦術 』

バドミントンで実戦に強いトップレベルの選手に成長する
ための効果的な練習は、以下の5つのことを意識しながら
練習するだけなんですよ。

・多様な攻めのテクニックを意識する
・相手に崩されないための守りのスタンスを意識する
・動きとポジショニング重視で「ラリーを作る」意識
・攻めるための戦術を意識
・守るための「戦術」を意識

バドミントンの試合という実際の「戦い」のなかで生じる、
動き、 ポジショニング そして 攻めと守り、
さらには、戦術のパターンをしっかりと想定した練習を
実践していけば自ずと結果が出てくるそうです。

限られた時間の中でいかに効果的な練習をするのか、
埼玉栄高校の山田先生の指導方法をみてみましょう。

紹介動画がありますので、一度見てみてください。

山田先生のバドミントン上達法の紹介動画をみてみる


       

スポンサードリンク

  
    

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。