ハンドボール ルール 反則について

ハンドボール ルール 反則について確認していきたいと
思います。

ハンドボールのルールで反則には何があるのでしょうか。

警告や失格になる反則もありますが、ここでは、ルール上の
反則ということをみていきます。

試合で審判が、機敏にジャッジしていますが、その内容について
知ることができればと思います。

このようなルールに中で、いかに攻め、いかに守るか、ゲームの
勝敗を決める重要な要素になりますので、しっかりと反則にならない
ようにルールを理解しておきましょう。

それでは、みていきましょう。

ハンドボール ルール 反則

ハンドボール ルール 反則をひとつひとつみてみましょう。

ボールに関する反則

・オーバーステップ
ボールを持って、ドリブルをせず、4歩以上歩いてしまうと
オーバーステップになります。

・オーバータイム
ボールを持って4秒以上経ってしまうと、オーバータイムになります。

・ダブルドリブル
いったんドリブルしたボールを、自分の手にとどめてから、もう一度
ドリブルをしてしまうと、ダブルドリブルになります。バスケのように
手でおおう感じにドリブルをしてしまうと、ダブルドリブルとなって
しまいます。

・キックボール
ボールがひざより下の部分に当たったり、触れたりしてしまうと
キックボールになります。故意に蹴った場合は退場になります。

相手に対する反則

・ホールディング
手を使って、相手を捕まえて動けなくすると、ホールディングと
なります。しかし、ホールディングをしないと、攻撃側にシュートを
打たれてしまう場合、防御側はたいていホールディングで相手の攻撃を
止めます。

・プッシング
相手を押したり、突いたりするとプッシングになります。
無防備な状態で相手を押すのは危険です。

・チャージング
攻撃側がとられる反則で、静止している防御側の選手にぶつかると
チャージングになります。

・トリッピング
足を出して、相手をつまづかせたり、転ばせたりするとトリッピングになります。

・ハッキング
相手の持っているボールではなく、相手の腕や手をはたくとハッキング
になります。

その他にも、相手の持っているボールを力ずくで無理やり奪いとったり、
ボールを叩き落したりすると、反則になります。

その他の反則

・ラインクロス
ゴールキーパー以外の選手がボールを持ったまま、ゴールエリアに侵入すると
ラインクロスとなります。
攻撃側がラインクロスした場合は相手ボールのフリースローになります。
防御側が侵入してシュートを防いだら、攻撃側の7mスローになります。

・ファウルスロー
上に紹介した競技の再開するときのスローを規則に反して
投げるとこの反則になります。

・パッシブプレイ
攻撃の意志やシュートしようとせず、故意にパス等をして試合を遅らせたりすると、
パッシブプレイをとられます。

・不正交代
交代しようとしている選手がコートに出る前に、交代の選手が入った場合に
不正交代になります。また、交代位置を通らずに出入りしても不正交代に
なります。

ハンドボール ルールをしっかりと守って、反則しないようにして、
気持ちよくプレーをしていきたいですね。

さらにプレーに磨きをかけるために

さらにプレーの技を磨いて、相手に反則させずにはいられないぐらいに
プレッシャーをかけられるようになるといいですね。

そんな基本をきっちりとマスターできる上達法があります。

法政二高ハンドボール部の阿部監督の監修した練習法が高い評価を得ています。

紹介動画が無料で見られますので、参考にしてみてください。


       

スポンサードリンク

  
    

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。