ハンドボール ルール ポジションと役割

ハンドボール ルール ポジションについて確認していきたいと
思います。

ハンドボールのルールでポジションについて、どのようなもの
があるのでしょうか。

ポジションの名前、役割、特徴などをまとめてみましょう。

7人で行うチーム競技ですので、それぞれのポジションが
しっかりと自分の位置と役割を理解していないといけませんね。

うまく連携して、チームを盛り上げていきたいですね。

それでは、ハンドボールのポジションについてみてみましょう。

ハンドボール ルール ポジションと役割

ゴールキーパー、レフトバック(左45)、センター、ライトバック(右45)、
左サイド、ポスト、右サイドがあります。

ゴールキーパー

ゴールキーパーは、守備の要です。

どれだけ相手チームのシュートをセービングし、得点を防ぐかが、
勝敗の決めてになります。

また、攻撃の起点にもなります。

相手の攻撃を防いだ場合、見方へ正確にパスを出すコントロールも
必要です。

適切なポジショニング、ディフェンスへの指示、前に出るかの判断力なども
必要になります。

レフトバック(左45)

レフトバックは、チームのエースで、試合で一番シュートを打つことが多く、
どれだけシュートを決め、得点を奪えるかが勝負になります。

1対1で仕掛けたり、ロングシュートを打ったり、フェイントで相手ディフェンスを
かわしたり、攻撃でチームの流れを作ります。

センター

センターは、チームの司令塔的役割で、広い視野と冷静な判断力が問われます。

フィールドでの攻撃の基点となったり、チャンスができればシュートを決めたり、
見方のパスを生かして、うまく球さばきをします。

どこで得点を取りに行くか、どうやって崩しに行くか、どう連携をとるか、
試合をコントロールする重要な役目です。

ライトバック(右45)

ライトバックは、チームのもう1人のエースです。

レフトバックと同様に、相手から得点を取ることが役割です。

左利きの選手が入ることが多いです。

左サイド

左サイドは、速攻での素早い飛び出しや多少角度がなくてもサイドからシュートを
決めることができるとチーム全体にとって非常にプラスになります。

試合を通して走り続ける体力、角度を作れるだけのジャンプ力が必要です。

ポスト

ポストは、攻撃時の縁の下の力持ちです。

味方の攻撃時にディフェンスをブロックしたり、ライン際の位置とりで負けない
ことが大事です。

相手ディフェンスをうまくずらし、見方がシュートを打ちやすくするように
空間を作ります。

また時には相手ディフェンスを背中にして、自らシュートを打ちにいったりと、
チームの攻撃に絡んでいきます。

右サイド

右サイドも左サイドと同様、素早さが求められる役割です。

特に左利きの選手が入ることが多いです。

左サイドと右サイドの両方が素早く駆け上がると、相手ディフェンスは両方を
守る必要がでてきますので、どちらか一方がディフェンスをうまくかわせると、
一気に得点可能性が高まります。

左サイドの状況をみて、適切な判断が取れる右サイドがいると、攻撃の幅が
さらに広がります。

ハンドボールでは、7人がそれぞれの役割をしっかりこなして、連携がとれれば、
チーム力が一気に上がりますので、日ごろから役割を理解して動けるように
しておきましょう。


       

スポンサードリンク

  
    

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください