ハンドボール ルール ドリブルの有効な使い方

ハンドボール ルール ドリブルについて確認していきたいと
思います。

ハンドボールのルールで、ドリブルについてはどうなって
いるのでしょうか?

ハンドボールのドリブルは、バスケットボールのドリブル
とはちょっと違っているようですね。

はっきりと違いなどを知って、試合にうまく利用できるように
なっていきましょう。

それではみていきます。

ハンドボール ルール ドリブル

ハンドボールのルールでのドリブルについて、このように
なっています。

いったんドリブルしたボールを、自分の手にとどめてから、もう一度
ドリブルをしてしまうと、ダブルドリブルになります。

バスケのように手でおおう感じにドリブルをしてしまうと、
ダブルドリブルとなってしまいます。

ですから、バスケのドリブルのように、体の横で手をこねるように
しますが、ハンドボールでは基本的に体の前でドリブルをします。

ハンドボールの場合は、ボールをつく感じです。

手のひらが、パーのままでするドリブルみたいな感じです。

ハンドボールは簡単に手でつかめるので、バスケより厳しいです。

また、ドリブルをせず、ボールを持って4歩以上歩いてしまうと
オーバーステップになります。

ドリブルをしていて、ボールがひざより下の部分に当たったり、
触れたりしてしまうとキックボールになります。

他にもドリブルで気を付けること

他にもルール上、ドリブルで気を付けることがあります。

パッシブプレーです。

攻撃時に無意味なドリブルを長くしていると「パッシブプレー」を
取られる可能性が高いです。

ドリブルというのは、どのような状況でも床にボールを弾ませれば
ドリブルとしてカウントされます。

例えば、相手のパスをカットしたり、キャッチミスをしてボールを
落としてもドリブルとしてカウントが始まります。

あと、ドリブルしながらだと何歩でも歩くことはできます。

オーバーステップにはなりません。

ボールを持ってから3歩だけ歩けますが、ドリブルでバウンドを付くと
3歩また歩くことができます。

ボールを空中で受け取った場合は、片足での着地は0ステップとなり、
まだ0歩となり、次の1歩が1歩目になります。

3歩まで歩けて、ドリブルをつけば大丈夫です。

試合中のプレーにおいては、ドリブルよりもパスのほうが多いですが、
ドリブルも有効に使って、プレーを組み立てていきましょう。

ドリブル&フェイントも個人の力として大いに戦力になります。

ドリブルの技も磨いていきましょう。


       

スポンサードリンク

  
    

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。