クロールの泳ぎ方 コツ 子供や初心者の方法

クロールの泳ぎ方 コツについて確認していきたいと
思います。

クロールの泳ぎ方のコツって、どのようなものが
あるのでしょうか。

クロールは、一番早く泳げる泳法ですので、ぜひ
コツをつかみたいですね。

まずは上手に泳げる姿勢を身に着けたいですね。

そんな基本のクロールの泳ぎ方 コツをプロの指導者が
どのように教えているのかみていきましょう。

クロールの泳ぎ方 コツ

クロールの泳ぎ方のコツには、4つあります。

まずはしっかりと正しい姿勢で水面に浮くです。

水の中でしっかりと水面に浮くことができないと
水の抵抗を受けて前にうまく進むことができません。

しっかりと浮くためにも、水面に水平になれるように
しなくてはいけません。

水面に浮くコツとしては、

・両腕をしっかり伸ばす
・体を反らす
・顔を前に出して頭を下げる

です。

両腕をまっすぐ伸ばすと、肺にたくさんの空気を
取り込むことができます。

しっかりとまっすぐになっているのに浮かないのは、
体脂肪が少ないからかもしれません。

そんな人は、軽く足をゆらゆらとバタ足するとうまく
浮くことができるようになります。

クロールでの腕の使い方

クロールでの腕の使い方は、大きく使うのがポイントです。

腕だけで回そうとすると大きく腕を回すことができません。

体を少しひねりながら回すと大きく回すことができます。

ですから、前のものをつかもうとする感じでやると
自然に体が少しひねり、大きく回すことができます。

腕が後ろに行ったときに肩をグイっと開く感じに
なります。

クロールの息つぎの仕方

息つぎのコツは、水中で息を吐くことです。

水中で息を止めてしまうと、顔を上げたときに、十分に
息を吸うことができません。

水中で鼻から吐いて、顔を上げたら口を開けて、息を
吸いましょう。

ここで水中で息を口からも吐くことができるといいです。

息つぎのタイミング

息継ぎのタイミングは、手を回しはじめたら横を向いて
息を吸います。

そして、腕が水面に戻る前に顔をまっすぐに元に戻します。

最初は、タイミングが取りづらく息苦しいと思いますので、
ひとかきごとに息継ぎしてもいいでしょう。

子供や初心者におすすめの水泳上達法

なかなか水泳の基本が身につかない、金づちで泳げない、
子供に楽しく泳げるようになって欲しいという方に
ピッタリです。

水嫌いの子供さんでも水泳が楽しくなるプログラムです。

水泳の苦手なポイントをしっかりと押さえられている
指導方なので無理がありませんね。

そんなマイ・エス・スイミング国立 スイミングコーチの
千代延先生の水泳上達法が人気です。

指導している千代延先生の動画がありますので、
一度見てみてください。

千代延先生の動画はコチラから


       

スポンサードリンク

  
    

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。